コンピューターの歴史や仕組みについて portalgratis.info

コンピューターの歴史と構造
コンピューターの歴史や仕組みについて

トップ » コンピューター

Menu

Site Info

世界最初のコンピューター開発者

世界最初のコンピューターは現在のようなICを使ったものではありませんでした。ICが誕生するそれ以前は膨大な量の真空管が使われていました。そのために真空管の球が切れるという故障も日常的におきていました。信頼性が現在のパソコンに比べると信頼性も低いのですが、当時としては画期的なことです。コンピューターはソフトで動きますが、当時にはソフトはまだなく、プログラムで動いていました。プログラムを作り配線を変えるという複雑な作業をしていました。これらはアメリカの二人の開発者によって生まれました。

初心者でもできるコンピューターの組み立て

性能が良いコンピューターが欲しいけど、組み立てるのも知識がないから出来ない。そう考えている方も少なくありません。また自作より買ったほうが安く上がるのではないかという疑問も。低コストだけど低性能、で我慢するのも一つの手ですが、やはり妥協はしたくないですよね。ですが最近はコンピューターの組み立ても簡単になってきており、詳しい知識や技術を持っていない方でも気軽に作ることができるようになっています。「やってみたい」と思ったら、我慢せずに挑戦してみてはいかがでしょうか?自分だけのオリジナルや不満がある部分だけを良質の物にすることもできます。

コンピューターの内部構成について

コンピューターの基本的なパーツ構成は決まっており、ハードディスク・メモリ・CPU・マザーボード・電源ユニットなどが組み合わさって動作しています。これらの内部パーツには相性もあるので、自作する場合には特に知識と注意が必要になります。最近では3Dグラフィック機能を重視した高価なグラフィックカードも販売されており、これを組み込む事で高画質な3D映像処理を行う事が可能です。コンピューターの内部パーツは価格や性能が大きく異なる物なので、組み立てを考える時は目的や用途に応じてこれらのパーツ構成を決めていく事が重要と言えます。