自分が暮らす地域社会をよく知っておこう portalgratis.info

地域社会の情報をキャッチするには
自分が暮らす地域社会をよく知っておこう

トップ » 地域

Menu

Site Info

地域における防災計画の課題とは

東日本大震災以降、地域単位での防災計画というものが見直されています。あの未曽有の有事以降、それまでは自分の住んでいる街は大丈夫だという考えは日本人の中から消えたのではないでしょうか。また近年亜熱帯のスコールのような激しい雨が振り、それによる水害も多発しています。今までの地域の防災計画を一から見なおしておかなければ、いざというときに全く身動きがとれないままという惨劇にもつながりかねません。また、自治体ごとに協定を結んでいたり姉妹都市になっていたりするところが被災した場合に、如何にスムーズに救援体制がとれるかも議論すべきでしょう。

地域によってもらえる特別手当とは

地域によって行政サービスは違っています。医療助成や出産による特別手当をもらえるところもあります。例えば、1年以上居住し第3子以降を出産すると数十万円もらえるところもあります。出産の時だけではなく、暮らしている地域によっては住居を建てる時や結婚する時にもらえるところもあります。ですから引っ越す時には一度行政のHPを確認してから引っ越すのが良いでしょう。税金を払っている分、受けられるサービスはしっかり受けるのが得策です。大きな市ほど助成してくれますが、小さな町でも人口が減らないようにこのような手当てを出してくれます。

地域の情報を知る重要性について

転勤などで知らない土地に引っ越してきた場合、地域の情報はとても重要です。医療機関や、飲食店、日常生活を送る上で大切な情報を知ることは生活を早く安定させるためにも、迅速に得たいものです。引越しをした際に、住民票を移しに区役所に行った際などに、ついでにその地域の冊子をもらいます。分厚くて、読むのが大変ですが、重要なことが書かれているので、一応全部目を通すことをお勧めします。新しい地に住み始めることは、心細いことと思います。早くその地に馴染んで、安心して生活をするためにも、医療機関の把握や、買い物の場所などを知ることが大切です。