一般的な葬儀の内容と料金について portalgratis.info

地域によって異なる葬儀の形式と内容
一般的な葬儀の内容と料金について

トップ » 地域 » 地域によって異なる葬儀の形式と内容

Menu

Site Info

地域の葬儀に関する特徴と風習

一般的には六曜暦を考慮しつつ、通夜の後日に葬儀・告別式を執り行ったのちに故人を火葬するのが普通ですが、関東の中央部から北部にかけての一部地域では通夜の前あるいは葬儀の前に火葬を済ませてしまい、告別式の後に埋葬するというところがあります。

これは、葬儀後の土葬の風習の名残りとも言われ、現在では埋葬までに掛かる時間を鑑みていることも理由の一つです。特に通夜を行う形式は同じ地域内でも市町村・地域によって個々の習慣が異なり、前述の火葬後の通夜を一般同様の形式で行い、遺骨を自宅に安置して遺族のみで一晩過ごして弔ったりするケース、また、同じく自宅に遺骨が戻った後に、遺族や弔問客をご馳走でもてなすケースなど、多様なものがあります。

一般的な香典は黒白の不祝儀袋を使いますが、それとは別に紅白の祝儀袋を「通夜お見舞い」として持参し、遺族はこれに対して「通夜返し」にてお返しをするという慣わしもあったり、この場合は一般の「香典返し」とは別途に行うのが特徴です。告別式や出棺などの儀式ごとに独特な風習がある地域では、無礼の無い範囲で事前に地元に根付いている方からの葬儀の情報収集は必須かもしれません。