水溶性食物繊維でコレステロールを減らす portalgratis.info

水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の違い
水溶性食物繊維でコレステロールを減らす

トップ » 生活と住まい » 水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の違い

Menu

Site Info

水溶性食物繊維とコレステロール

食物繊維は水溶性と不溶性に分かれています。水溶性食物繊維は、水によく溶けてどろりとしています。他の栄養素のように消化・吸収はされませんが、水溶性を低飽和脂肪、低コレステロールの食事に含ませて摂取した場合、コレステロールを下げる効果が最も高いことが知られています。

これは、液体中でのジェルのように形成されるガムやペクチンなどの粘着性の物質で構成されています。このようなジェルは、小腸でのコレステロールと胆汁酸と結合して体外に排出させます。胆汁酸は、血液の中に保存されていたコレステロールで作られているため、胆汁酸を補充するために私たちの体からより多くのコレステロールが使われるようになります。水溶性食物繊維は炭水化物の吸収を遅延させ、食後の血糖値が上がることを遅くさせ血糖値を安定的に維持させて糖尿病を管理するのに役立ちます。

また、水溶性食物繊維は、満腹感を与えるので、体重減量に役立ちます。オート麦シリアル、乾燥豆、大豆、サツマイモ、ジャガイモ、ブロッコリー、アスパラガス、ニンジン、リンゴ、梨、柑橘系の果物、バナナ、アーモンド、バナナ、アーモンドに多く含まれています。